【特別企画】新型コロナワクチン打ってきたYO☆ その2

新型コロナウイルス・ワクチン接種
スポンサーリンク

どうも、櫻宮です。
主婦ライターの櫻宮ヨウです。

先日、新型コロナワクチンを打ってきた。
どれぐらい需要があるのかはわからないが、自分の覚書程度にレポートを書いてみようと思う。
……の第2段。

最初に書いておくが、この記事は新型コロナワクチンの接種を強要するものではない。
接種するかしないかは、個人の判断で決めることだと思っているので、ご理解いただきたい。

レポート1回目はこちら

【特別企画】新型コロナワクチン打ってきたYO☆ その1
新型コロナウイルスのワクチン接種を打ってきた、基礎疾患持ち・40代女、ライターの櫻宮ヨウの突撃レポート。覚書として記録するので、ワクチン接種がどのような流れで進むかを紹介。



情報収集は怠らず。不安になるほどはダメYO☆

予約完了の翌週にはワクチン接種1回目の当日を迎える。
ビビリの櫻宮は、いつもどおりSNSでの情報収集に余念がない。

すでに拾ってある「注射を打たれるときは、腕を真っ直ぐだらんと下におろしておけ」という教訓は、月に2回打っているプラセンタ注射で実践して、効果を確信してあるので当日も実践しようと企んでいた。

個人差はあるのだろうが、プラセンタ注射はびっくりするほど痛い。
しかも1回に4ショット打つ櫻宮の場合、注射の時間も長めなのだ。
痛い時間が長い、なかなかドMなことを月に2回もやってもらっている。

プラセンタ注射は皮下注射なので、コロナワクチンの筋肉注射とは異なるのかもしれない。
しかし試してみると、いつもより注射後の青あざも少ないし、痛みも少ない。
いつもなら二の腕はかなりの青あざが数日続き、それに伴うかのようになかなかの鈍痛が続く。
下手すると次の注射をうける2週間後でも痛かったりする。

今回はそれが嘘のようになかった。
まったくなかったわけではないので、その辺は仕方ない。

だが実体験にまさるものはなし。
コロナワクチン接種は絶対この方法を実践するぞと息巻く。

あとは問診票を書いておくのを忘れないようにしなければ。
これまで子どものインフルエンザ予防接種やらで書き慣れた問診票。
とくに悩むこともなく書き進め、はい完了。
5分もかからないので、早めに書いておくことをオススメする。

先人の知恵は取り入れられるだけ取り入れろ

連日仕事の締切に追われていた当時の櫻宮。
仕事に追われる上に、連日の気圧攻撃で疲労困憊、満身創痍。
仕事をしているか、横になっているかのどちらかの日々を送っていた。

接種当日の前日まで深夜2時とかまで仕事をしていた有様。
皆さんご存知だろうか。
寝不足は副反応が出やすいらしい。
あくまでも「らしい」だが、このような先人の教えを思い出すたびにガクブルしていた。

接種前日はなんとか22時には布団に入る。
息子氏に「早く寝ろ!」と追い立てられるように布団に入った。

が、寝れるわけがない。
連日2時過ぎまで仕事をしているのだから。
体やら脳やらが深夜まで起きていることに慣れているのだ。

だがしかし、寝るしかない。
目を閉じる。
閉じる。
閉じ……

がらがらばっしゃーん!

猫田くん、深夜の大運動会。
はじまる。

結局、鬼寝不足。
接種当日は、息子氏を学校へ送り出したあと、少しだけ仮眠をとってしのいだ。
あの仮眠がなかったらヤババだったな。

接種当日。いざゆかん、マイドームおおさか

家を出る前に何度も持ち物のチェックをした。
発達のうっかりをなめてはいけないからな。

最悪、財布とスマホと接種券さえあればなんとかなる。
でもまあ、せっかく書いたのだし問診票も忘れずに。

面倒なので、さまざまなリーフレットごと接種券が届いた封筒に全部ぶっこんで持参した。
このほうが安心だしね。

時間は余裕を持って。でも早すぎは却下

何かあってはいかんとかなり早めに家を出る。
しかし会場に早く着いてはいけないので、ちゃんと時間を潰せる場所をチェックしておいた。

ここは大事なところなので押さえておこう。

会場に早めに行ってはいけない。

なぜなら早く行っても早く入れるわけではないからだ。
じゃあどれぐらいならいいのだ。
そのあたりは後ほど語るとしよう。

実際行ってみてわかったが、早く着いたろころで会場内に待つところはない。
待ってる人もちらほら居たが、まあできれば待っても数分ぐらいで済むレベルにしておくほうが迷惑にならないだろう。

櫻宮が行った「マイドームおおさか」周辺は、オフィス街でもあるので喫茶店や飲食店のようなお店もいくつかある。
しかしあまり長居できそうな場所は見当たらなかったので、利用する時間帯などに注意が必要だ。
ファストフードなどもないので要注意。

近くに公園なども見る限りはなかったが、利用したい人は事前に地図アプリなどで確認することをオススメする。
今の時期は暑いので熱中症に気をつけてもらいたい。

あと、駅でお茶を購入した。

水分補給用のお茶

谷町線の改札をでればすぐに売店があるし、地上に上がればコンビニもある。
実は前日から水分摂取をしっかりしておくことも、副反応を少しでも軽くするための先人の知恵のようだ。

駅からのアクセス中はかなり暑いので水分補給は必須。
また接種後数分の待機時間でも水分補給ができるので、忘れずに用意して欲しい。

 
京都ブレンド、量多いし、味も美味しい(ぼそっ

駅からのアクセスの話

ワクチン接種とは少し話がそれてしまうが、少しだけマイドームへのアクセスの話をしておこう。

接種会場の詳細を見ると京阪電車の北浜駅から徒歩が推奨されているかのように書かれている。
マイドームおおさかの公式サイトを見ると、大阪メトロ・堺筋本町駅や本町駅からのアクセスも紹介されている。

おけいはん(※)な櫻宮が地図アプリを使うと、京阪電車の天満橋駅からの徒歩、もしくは市バス利用も出てくる。
だがしかしどのルートも、最終的に数分歩くことになる。

※京阪電車沿線在住で京阪電車を使う人はみんな「おけいはん

そこで歩く距離が一番短いことを考え、「谷町四丁目駅」で下車して歩くことにした。
京阪電車の天満橋駅から大阪メトロ谷町線に乗り換え、1駅。
これなら地図アプリ上では最短の最寄り駅から4分らしい。
できるだけ体力を温存したかったので、電車賃を払うことで体力温存を選んだのだ。

谷町四丁目駅下車。
4番出口から地上へ。

階段をあがるとファミリーマートがある。
ファミリーマートを右に、道なりにひたすら歩いていけばいい。

かなり歩く。
何個か横断歩道を越える。

松屋町筋と呼ばれる大きな道路にぶち当たるまで直進だ。
ストーレート!
ストレーーーーート!

角にローソンのある横断歩道をそのまま直進して渡り、渡ったらすぐに右折。
すぐにマイドームおおさかの建物が見えてくる。

建物の前には

大阪府
コロナワクチン
接種センター

大阪府コロナワクチン接種センター

と書かれた旗?のようなものが設置されているので、邪魔にならない程度に記念写真を撮っておくのもいいだろう。

ここまでくればあとは建物に入るだけだ。
心の準備が整えば
レリゴーだ。

あいかわらず長すぎw
次回に続く。

そんなこんなで今日はこの辺で。
次回もご笑覧あれ。

タイトルとURLをコピーしました