【今日の猫田くん】おすすめのキャットフードについて考える その1

今日の猫田くん 今日の猫田くん
スポンサーリンク

どうも、櫻宮です。
主婦ライターの櫻宮ヨウです。

猫を家族に迎え入れるときにはいろいろと準備するものが必要となります。
何を揃えるかについては、お店の人に聞いたり、猫の飼育に詳しい人に聞いたりしながら選んでいくといいでしょう。

しかしやたら種類が多いと、どれを選んでいいのか頭を抱えてしまうかもしれませんよね。
そう、それはお猫さまのご飯。

お猫様のご飯をどれにしたらいいか、悩まれる人ってきっと多そうですよね~
私もとても悩みました。

そこで今回から数回に渡り、櫻宮が愛猫・猫田くんのために、どのようにしてキャットフードを決めたのかなどについてお話してみようと思います。

うちの猫田くんは、ペットショップで出会った子。
なので猫田くんを迎え入れるときに、お店で食べていたフードを1カ月分ほど購入して食べさせていました。

このペットショップのフードが曲者でね……(苦笑)。
パッケージもラベルもまったくの無印で情報がない!
これはあれだな、ショップに買いにこさせるための囲い込みだな、そうなんだな?!(違うかも)

銘柄も何もわからないとなれば、今後は常にペットショップで購入し続けるか、自分で調べたものを購入するかしかないわけです。

キャットフードって選んだことある人はわかると思いますが、鬼のようなレッドオーシャンなんですよね。
びっくりするほど種類があるんですわ。
当然メーカーもいろいろあって。
ペットショップとかホームセンターにあるペットフードの棚を見たら、恐らくめまいがしますよ。

そうなるとまあ、ネットで検索しますよね。
あとSNSとかの情報もかき集めるわけですよね。
この時点では「子猫用」というしばりもあったものですから。

カタカタカタ。
カタカタカタ。

「……ん?」

そうこうしていると、ある高級な銘柄のお猫さまのカリカリ(ドライフードのこと)の名前が浮上してくるのです。

もうね、めっちゃ高いの。
びっくり高い。

高いからなのか、なんちゃらフリーだとか、健康志向なあれとかそれとか、もう山のように魅力的かつ悪魔の囁きが商品説明に並んでいるわけですよ。

だがしかし。
気づいちゃうんですよね。
なんか変だなーって。

「なんでネットでしか買えへんの?」

ペットショップのみならず、スーパーでもホームセンターでも。
なんならコンビニでも。
そこかしこで売られているキャットフードの数々。
あんなにあるのに、なんでこれらは店頭に並ばないの?

ムダにネット歴だけは長くないなという感じで、違和感がわきわきと湧き上がってくるわけです。
ここで立ち止まってはいけない、もっと情報収集をせねば。

しかし、猫田くんのご飯はそろそろ底をついてしまう。
やばっ、なんとかしなきゃ。

そんなこんなで慌てて必死で調べた結果、「とりあえずこれだ!」と購入したのは、ネスレから発売されている「ピュリナワン」でした。
なんでピュリナワンにしかたというとですね、これ、初回だけモニター価格で購入できるんです。

500円で。

……
…………
安ない?(こわない?)

普通に買うたらこれやで?

実はネスレのピュリナワン公式サイトには、「500円モニターキャンペーン」ってのがありましてね。

うちは子猫用のを選んだのですが、なんと16種類(2021年6月下旬現在)もの商品のなかから選べるんですよ。
ちびにゃんこでも、アダルティにゃんこでも、年配のにゃんこでも、いつでも「お試ししてみようかしら~ん♪」ってことが可能なわけなんです。

お試しモニターとか書いているけれど、普通に市販されている2.2kg(物によっては1.6kgとかもある)入り。
多頭飼いでなければ1カ月は余裕じゃないかしら。
普通は初回限定とか、お試し・モニターとかだと500gだけとか、1食分とかをイメージするよね。
なんとも太っ腹ですわ(そのかわり、会員登録をするので個人情報と引き換えにはなる)。

分包タイプなので2.2kg入りの場合、1袋あたり550g。
お猫さま用の非常持ち出し袋に1袋忍ばせておくのにも最適。

なんでこれにしたかっていうと、「胡散臭くなかったから」(言い方、言い方な?
いや、でもこの動物的勘って大事よ。

おっと、もうとっくに1000文字超えてしまっている。
そんなわけで、続きは次回!
次で終わらないと思うけど、ちゃんとオススメフードの紹介もするからお楽しみに。

猫田くんPhoto by 櫻宮ヨウ

そんなこんなで今日はこの辺で
次回もご笑覧あれ

タイトルとURLをコピーしました